夏までに鍛えたい!シャツからチラ見えする「胸の内側」の鍛え方

Pocket

以前「ジャケットを着こなす大胸筋の鍛え方」を紹介しましたが、ジャケットを脱いだり、ノーネクタイになった時には鍛えるべき部位が変わります。

 

胸の筋肉は、外側がつきやすく、内側(谷間の部分)はなかなか発達しません。そこで胸の内側を鍛えたい方は、今回紹介する「プレートプレス」というエクササイズを行ってみてください。

 

ジムに通っている人はバーベル用のプレートを1枚、自宅で行う場合は雑誌を1冊用意してください。

 

まず筋トレ用のプレート(もしくは雑誌)を胸の前で両手で挟みます。そのまま両手で押し合うと胸の内側が鍛えられます。

 

より効果的に行いたい場合は、仰向けになって、プレートを挟んだまま前に押し出しましょう。

 

文章では伝わりにくいと思いますので動画を撮りました。映像でご確認ください。

 

【動画解説】胸の内側を鍛えるプレートプレス

 

 

Yシャツのボタンをいくつ開けますか?

 

きっちりボタンを締めている人もいれば、ラフな着こなしで第2ボタンまで開ける人、イタリアのちょい悪オヤジ風に3つ目のボタンまでザックリ開けたい人もいるかもしれません。(街中ではあまり見かけませんが…)

 

しかし、男性がYシャツのボタンを開けることを好まない女性も多いです。あるアンケートによると「だらしなくみえる」「日本人は体が細いからシャツのボタンは開けない方がいい」「ホストっぽくてチャラい」といった意見もあります。

 

同じ着こなしをしていても外国人ならOK、日本人はNGとなってしまうのは、やはり体つきも関係しているといえますね。

 

これから夏になり、露出が増える季節です。Yシャツが似合う体をつくるために、ぜひ「プレートプレス」に挑戦してみてください。

 

 

武内教宜
About 武内教宜 8 Articles
2009年にパーソナルトレーナーとして独立起業。年間1500本のトレーニング指導を行いながら、スポーツ専門学校の講師・トレーナー養成・ダイエット本の執筆活動を行う。著書「ダイエットは目標設定が9割」 WEBサイト http://second-fitness.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*