学校では教えてくれない正しいBODYメイク

Pocket

ワンランク上のBODYメイクのポイントは、プロ(専門家)のアドバイスを受けることです。

 

私は先日、写真撮影がありました。撮影で着る服はスタイリストに選んでもらい、撮影当日もポケットチーフの選び方や挿し方のアドバイスをいただきました。

 

 

ファッションとBODYメイクの「マイナス面の共通点」は、学校では正しい知識を教えてくれないということ。

 

ネクタイの結び方やポケットチーフの折り方を学校で習ったことがある人はどれだけいるでしょうか。

 

服飾の専門学校でない限り、ちゃんと学ぶ機会がないのです。なので大人になってからも間違った着こなしをしてしまいます。

 

そして間違っていることに気づかずに何年も過ぎてしまいます。

 

私はパーソナルトレーナーという職業柄、普段はジャージやトレーニングウェアを着ています。恥ずかしながら30歳を過ぎるまでスーツを正しく着たことがありません。

 

ディンプルの作り方や、シーンに合わせたポケットチーフの折り方も知りませんでした。(そもそもディンプルって何?というレベルです)

 

このWEBサイトを見ている方の中にはファッション上級者も多いかもしれませんが、一般人の中には私と同じように正しい着こなしを知らない人も多いのではないかと思います。

 

 

BODYメイクも同じ

BODYメイクも同じで、多くの人が体育や部活程度の運動しか経験がありません。そのためほとんどの人が間違ったトレーニングを行っています。

 

ズバリ言います!!

 

学校の体育や部活で習う筋トレは、
正しいトレーニングではありません!

 

フィットネスジムに行くと、腹筋運動を一生懸命がんばっている女性や、サウナで痩せようとしている男性が多いのが良い例です。

 

残念ながら腹筋運動ではお腹はへこみませんし、サウナでも痩せません。野菜中心の食生活にしても痩せません。

 

「プロテインを飲むと太る」「女性は筋トレをするとマッチョになるからやらない方がいい」なども間違った知識ですね。

 

多くの方が正しいBODYメイクやダイエットを知らないのです。

 

これから私が具体的なBODYメイクのノウハウを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

武内教宜
About 武内教宜 8 Articles
2009年にパーソナルトレーナーとして独立起業。年間1500本のトレーニング指導を行いながら、スポーツ専門学校の講師・トレーナー養成・ダイエット本の執筆活動を行う。著書「ダイエットは目標設定が9割」 WEBサイト http://second-fitness.com

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*